病院・薬

2024年01月14日

朝のビオ活

なぎテンが飲んでる(食べてる)朝のビオフェルミン、ビオ活。いつもはダンナ担当なんだけれど、今日はうまく食べさせられなくて出かける時間になってしまった。
私が引き継ぎます!

テンちゃんはあまり手から食べないのでカリカリと一緒にお皿に入れて、なぎはもちろん手から。

テンちゃんが来たタイミングでビオフェルをお皿に入れたいけれど、なぎも食べたいと言ってきて…
ビオフェルをお皿に投げ込んで、手のひらにも乗せる。
こんな雑なやり方じゃ、二兎を追うものは〜になるなぁ。

で、まずはなぎに集中。
私のやり方は、ビオフェルとカリカリ2〜3個を手のひらに乗せて、食べるまでこのパターンを繰り返す。ビオフェルの上にはかつお節をフリフリ。どうしてもダメなときはビオフェルを砕いて、カリカリにまぶす。
今日はまあまあ早く食べてくれました。

左の袋はかつお節

IMG_2631

次は"テンチャンス"を待つ。
お皿にはビオフェルをセッテング。カリカリが多いとお皿の底に落ちてしまうのでカリカリの量を減らして、気にしてないような顔をして待つ。

やってきたテンちゃん。
あぁ、お口とビオフェルの位置がズレてるぅ!

口の右にある白いのがビオフェル
ヒゲと重なってます

IMG_2634

よそ見をしている隙に再度セッテング。

今度は成功しますように

IMG_2635

うん?食べたか?どうだ?

IMG_2636

よし、食べてた!

IMG_2637

ビオフェルミンだけでこんなに楽しめる猫生活。サイコー!
余裕のないときは、早く食べろ!!って思うんだけどね(笑)でもそのイライラさえも楽しんでいる気がする。


ビオ活のあとはゆったり

IMG_2643

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おじゃまでなければ、拍手の下の「ライブドアアプリで更新通知を受け取る」からアプリをインストールしてフォローしてくださいね!

コメントもお待ちしています。

A2A3F519-AAFF-4D51-BE8B-6AE5D9240928


tsukko0613 at 08:30|PermalinkComments(0)

2023年11月05日

テンちゃんもビオフェルミン

今日は"うんち"連発です(笑)覚悟して読んでね!

テンちゃんのうんち、毎回ではないけれど時々表面に鮮血がつく。
うんちを少しでも柔らかくするべく、テンちゃんにもビオフェルミン(以下ビオフェル)を飲ませることにした。

なぎの下痢が何度か続いて悩んでいたとき、ビオフェルを朝晩1/4錠ずつ飲むようになって安定、それからは一度も下痢をせず。
(なぎの下痢やビオフェルについてはカテゴリ:病院・薬をご覧ください)
でもビオフェルは下痢止めではなく整腸剤、だから硬いうんちにもいいのです。

今は朝1/4を飲ませて様子見。
ぽろぽろこぼすことの多いなぎに対して、テンちゃんは1回でペロリ。でも手から食べるのは得意ではないから、かつお節コーティングはしっかりしないとね。
ダンナの手からはコーティングしても食べないので、お皿にいれておくんだって。

今までも毎回血便ではなかったから、効果がわかるのはまだ少し先になりそう。
ちゃんとチェックしないといけないのだけれど、多頭飼いだとどちらの物かわからないときがある。うちの判別方法はまず猫砂にきれいに隠されているか、そして太さ。
もちろんきれいに隠すのがなぎで、太いのがテンちゃん。

猫砂にきれいに隠された太いうんち…これは判断に迷うところだけれど、テンちゃんもきれいに隠すことがあるのでテンちゃん!
(皆さん、この話ついてきてくれてます?)

私はこの子たちのママであり看護師さん。毎日トイレで「これはテンちゃん!」「これはなぎ!」と叫んでいる。


下品なわけじゃなく健康状態を書いてるだけだけれど…
ポートレートで気分一新!

IMG_1618

IMG_1616

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おじゃまでなければ、拍手の下の「ラインで更新通知を受け取る」から読者登録してくださいね!
コメントもお待ちしています。

0A161889-E425-44A8-9750-D60BF87690AC






tsukko0613 at 08:30|PermalinkComments(0)

2023年10月23日

いろいろ聞いてきました!

テンちゃん、年に一度のワクチン接種。
そのついでに病院で聞いてくるのは、体重と以前にブログに書いたカールヒゲと1週間前から時々出る血便について。
カールヒゲについてはこちらのブログ↓
http://tsukko0613.livedoor.blog/archives/24299838.html

"いろいろ聞いてきました!"って題名だけれど、聞いてきたのは今回もダンナ。私は又聞きです(笑)

まず体重は8月から300gも増えて5.35kg。前回は少し減っていたから順調な増え方。
でも先生から「テンちゃんは体長が小さめなので、5.5kgぐらいより増えないほうがいいかも」とアドバイスされる。
テンちゃんもチビマフィン確定だ!
大きい猫種なのに小さくていいのかというご意見もあるだろうけれど、ラガマフィンを選ぶとき唯一悩んだのが大きさ。飼い始め当時体力がまったくなかったからなぁ。それにこれから高齢者になっていく私たち、チビマフィンは大歓迎。

そしてカールヒゲは全く気にする必要はないとのこと。それを聞いたら、クルンクルンのヒゲがますます可愛くなっちゃった!


安心してもっとカールしちゃうよ

IMG_1444

血便は、その日うんちをしていなかったので写真を見せる。明らかに鮮血だし、テンちゃんのお尻の奥にはカチカチのうんちが出番を待っていたらしく、また肛門が少し赤くなっているので、これは切れた可能性が高いとのこと。
切れると排便のたびに出血してなかなか治らないから、水分をいっぱい取らせてうんちを柔らかくしないとなぁ。
最近涼しくなって、また水があまり飲めていないのでなにか工夫をしないとね。

いくつかの心配と疑問が解決して、すっきりした飼い主。

まずはテンちゃんのお尻を守るためにがんばる秋にいたしましょう。


先生いろいろありがと

IMG_1428

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おじゃまでなければ、拍手の下の「ラインで更新通知を受け取る」から読者登録してくださいね!
コメントもお待ちしています。

0A161889-E425-44A8-9750-D60BF87690AC





tsukko0613 at 08:30|PermalinkComments(0)

2023年08月17日

お墨付きをもらって一安心の飼い主

カールヒゲについては『猫 ヒゲ 波状』で検索すると、"ヒゲが波打っていると白血病陽性率が高い"にヒットし『猫 白血病』で検索すると、どんなときになるかなどを知ることができる。

正確には猫白血病ウィルス感染症、だから感染とか陰性・陽性とか言うんだね。人間の白血病とは違うもの。
きちんとしたブリーダーさんから購入し完全室内飼いをしている場合は、ほとんど可能性はないという動物病院の記事を見つけた。
ダンナと相談して、10月のワクチン接種(年1回)のときに先生に聞くことに。
カールヒゲについてはこちらのブログ↓
http://tsukko0613.livedoor.blog/archives/24299838.html

さて、今日は体重について。

2歳のテンちゃんは、5.05kg。あれ?減ってる…5月ごろは5.3kgだったような。
5.3kgは家で爪とぎに入れて計ったものなのでアバウトではあるけれど、でもたぶんきっと、少し減っている…

血液検査のために夜中と朝何も食べていないので少なかったんだ〜い!と改めて夜に計ってみると5.15kg。
やっぱり減ってはいるな、確かに暑くなってから食べる量にムラがあるからね。
でも膀胱炎のときからも体重は増えているし、もう少し太っても大丈夫だけれど今の体重でもOKとのこと。

毛が多過ぎて、太ってるんだか痩せてるんだかよくわからないテンちゃん。
とりあえずこのペースでいいというお墨付きをもらって一安心の飼い主。


夏バテっての
人間でもあるでしょ

EFDC30AF-E2D7-4340-9FE3-42CD89E67BC2

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おじゃまでなければ、拍手の下の「ラインで更新通知を受け取る」から読者登録してくださいね!
コメントもお待ちしています。

CEF6A705-B221-4867-9879-6662E06FBD21






tsukko0613 at 08:30|PermalinkComments(0)

2023年08月16日

腸内フローラから考えたこと

皆さま、台風の被害は大丈夫だったでしょうか?


歯科へ定期検診に行った。
昨秋から通い始めたこの歯科医院は、予防歯科に力を入れている。
待合スペースでは、歯や手入れなどについての映像が流れている。

口腔ケアの大切さから腸内細菌についての説明へ。
"腸内フローラは3歳までに決まる"
へぇ!!そうなんだ。

私たちが妊娠中や子育て中には言われていなかったのに、今当たり前のようになっていることがいくつかある。

例えば葉酸。今は妊活を始めたら葉酸サプリを摂るようだけれど、もちろん私たちのころにはなかった。
日常的なことで言えば、今は赤ちゃんに白湯は飲ませないらしいし、日光浴はさせないとか。

研究のおかげでいろいろなことがわかってきて素晴らしい反面、神経質になってしまうママたちも多いだろう。
新しい常識を、上手に取り込めるといいよね。


小鳥のようにケージに止まるテンちゃん

E878E740-44C8-4DCE-B4C0-D5B7312E836C

猫の世界でも新しい研究が進んでいる。腎臓の働きが弱い猫のために、AIMというタンパク質を補う腎臓の薬やエサが開発されてきている。

どうやって取り入れたらいいか、いつごろからケアが必要なのか、あまり神経質にならないように、でも勉強しなくっちゃ。ふたりには元気に1日でも長く我が家にいてもらいたいからね。
もちろん、ふたりだけじゃなく、世界中の猫たちも。


寝起きも可愛いなぎ

E822E45D-9F5A-47FD-82A5-10D97E981F91

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おじゃまでなければ、拍手の下の「ラインで更新通知を受け取る」から読者登録してくださいね!
コメントもお待ちしています。

BDDFD7E1-1839-43FD-A1CC-9ABDC14593A6





tsukko0613 at 08:30|PermalinkComments(0)