趣味

2024年02月06日

立春の奈良〜私のNo. 1コースを歩く

立春の奈良は夜中に少し雪が降ったらしく、うっすら屋根が白い。でも天気は回復してすぐに溶けた。

この日は昨日のブログに書いた"私のお気に入りの景色や場所"のいくつかへ。

まずは東大寺へ向かう。
しかし中国人が多いなぁ、まだ春節休みじゃないよね?


鹿せんべいに群がる中国人

IMG_3003

鹿せんべい、くれぇ〜

IMG_3002

東大寺大仏殿の参道へ。
奈良って本当に鹿がいっぱいいるんだよねぇ。久しぶりに見てびっくりした。


これどうよ(汗)

IMG_2973

遠くにいるのも鹿ですよ
何頭いるか数えられないわ

IMG_2975

大仏殿まで行かず、途中で右に折れ二月堂へ向かう学生の頃のお決まりのコース。
急に人がいなくなっていい感じ。


大仏殿と鏡池

IMG_2976

二月堂への参道
正面は二月堂ではなく法華堂(三月堂)

IMG_2978

燈籠も年季はいってます

IMG_2979

そして二月堂

IMG_2985

からの景色

IMG_2980

くぅ〜
いいねぇ

IMG_2981

やっぱりここからの景色が一番好き
長椅子があるのでゆっくりできる

IMG_2983

ずっとここに居たいけれど、人が増えてきたので30分ほどで席を立つ。

そしてここからがまたいいのだ。
二月堂裏参道から大仏殿裏への道は本当に静か。


良すぎませんか(笑)?

IMG_2987

皆さん、ついてきてくれてます?

IMG_2988

しばらく行ったあと左に折れて、戒壇院の横から続く道もお気に入りの道。


入江泰吉さんの家は中が見られるようになっていた

IMG_2991

この表札を見つけて興奮したんだよなぁ
渋い10代だった(笑)

IMG_2992

そして興福寺へ。


ライトアップではないけれど
興福寺五重塔

IMG_2993

私は旅でも本でもリピート派。好きなところ(こと)は何度でも楽しめるし、何度でも感動できる。
私の奈良No. 1コースを久しぶりに歩いて、やっぱりNo. 1を確信した立春の奈良。
「興福寺通ったら阿修羅見たら?」とか「大仏見ないの?」なんて思う人もいるだろうけれど、私の旅はこれでいいんだよ。

帰り京都へ向かう近鉄で、後ろに座った中国人のボーイが座席を何度も蹴ってきた。奈良散策で元気な気持ちを補充したばかりの私は、立ち上がって怖い顔をしてやった。日本のおばちゃんの怖さを教えてやったのさ(笑)!


日本に来たら日本のルールを守ろうね

IMG_2916

そしていつものようになぎテンに会って旅は終わる。


鹿さんだけでぼくたちの出番ないかと思ってたよ

IMG_3006

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おじゃまでなければ、拍手の下の「ライブドアアプリで更新通知を受け取る」からアプリをインストールしてフォローしてくださいね!

コメントもお待ちしています。

AA81065F-B28E-43A4-8D01-961FAB638006


tsukko0613 at 08:30|PermalinkComments(2)

2024年02月05日

節分の奈良〜万燈籠そして思い出の味とお宿

2B2C84A6-CBC1-4D43-9F9A-744045832D83

この手ぬぐい。今までにも数回アップしている、私が初めて買った手ぬぐい。
今回この手ぬぐいに描かれている奈良・春日大社の"万燈籠"に行ってきたので、2回にわたってお届けします。長めのブログになりますが、どうぞお付き合いください。

          *

「私の体の基は奈良でできている」
ちょっとカッコつけてそんなことを言っても言いすぎではないくらい、奈良が好きだった。学生のころは毎月行っていた。うれしくても悲しくても奈良に行った。

何度も通った奈良には、お気に入りの景色や場所がたくさんできた。
奈良公園周りだけでも〈二月堂からの景色〉〈二月堂裏参道から大仏殿裏の道〉〈戒壇院の四天王〉〈ささやきの小径から新薬師寺〜白毫寺までの道〉〈ライトアップされた興福寺五重塔〉などなど… 奈良・大和路写真の第一人者だった入江泰吉さんの家を見つけてワクワクしたこともあったなぁ。
そして"お水取り"のお松明は40年近く経った今でも感動したことベスト3に入る。

そして今回ずっと行きたかった"万燈籠"へひとり旅。
節分と8月お盆年2回行われるこの行事。お盆は台風で中止になる年もあるし、燈籠の灯りは寒い中で見たいと思い節分を選んだ。

そして今回は思い出の味も辿ってみることに。
奈良と言ったら絶対に『志津香』の釜めし。
昔は近鉄奈良駅の近くにあった。兄に連れて行ってもらったのが最初で、そのあと何人かの友だちにも紹介した。
今は奈良公園と新大宮駅にお店が移転していて、奈良公園店の方は行ったことがあるし、土曜日万燈籠の日、普段でもすごいのに大変なことになっていると予想して新大宮店に。


こんな店構えです

IMG_2912

新大宮店は遅めの時間だったこともあり15分ほどの待ち時間。お店の中は『志津香』の匂い、おこげの匂い、懐かしいなぁ。
牡蠣のシーズンなので、牡蠣入り奈良七種釜めしを頼む。


美味しそうでしょう?
美味しいんです♪

IMG_2908

おこげ好きにはたまりません
4粒こびりつきました、悔しい!

IMG_2910

お宿は近鉄奈良駅からすぐの『ホテル花小路』
楽天トラベルで宿を探していて、懐かしさで思わずポチッとしてしまった。
ここは私が学生のころレディースホテル『ピープルズイン花小路』という名前だったホテルで、何度か泊まったことがある。


おしゃれになってた

IMG_2914

ユニットバスやドアなどは年季を感じるけれど、外観もロビーも洗練されていてとてもきれい。
そして口コミ通り、本当に感じのいい柔らかな話し方のフロントさん。
お部屋もシングルの予約だったのにツインの広いお部屋にアップグレードしてくれていて…久しぶりの奈良は私をご機嫌にさせてくれたのでした。


ロビーもゆったり

IMG_2956

ブックコーナーもあります

IMG_2958

万燈籠は18:00からなので、それまでならまちを散策。"万燈籠"の手ぬぐいを買った『朱鳥(あけみとり)』で新しい手ぬぐいを仕入れる。


糊こぼし(のりこぼし:椿)と飛火野(とびひの)

IMG_2961

そしていよいよ万燈籠の時間。

IMG_2955

春日大社には石燈籠2000基釣燈籠1000基があり、万燈籠の日には3000基すべてに灯がはいる。燈籠は平安末期のものから今日に至るまで、家内安全などを祈願して奉納されたもの。
万燈籠について興味のある方は春日大社のHP見てくださいね。

写真で見てもらうほうがわかると思うのでどんどんいきましょう。


古そうな燈籠です

IMG_2940

IMG_2942

朱塗りの建物に合うなぁ

IMG_2944

IMG_2945

いろんな柄があります

IMG_2948

個人はもちろん会社で奉納しているものも

IMG_2950

IMG_2951

外の石燈籠も素敵です
電気じゃありませんよ

IMG_2939

人が多いし、私も含めみんな狂ったように(笑)写真や動画を撮っているので情緒は思ったほどなかったと言うのが正直な感想。でもきれいでした。次は写真を撮らずゆっくり見たいなぁ。

この続きはまた明日。
皆さん、ついてきてね(笑)

         *

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おじゃまでなければ、拍手の下の「ライブドアアプリで更新通知を受け取る」からアプリをインストールしてフォローしてくださいね!

コメントもお待ちしています。

456804BD-F950-49B7-A1F3-2A87BC4502A2


tsukko0613 at 08:30|PermalinkComments(0)

2024年01月16日

お行儀よく並んでる!

今日2回目のブログ、おじゃまします。


欲しいもののためなら何時間でも並ぶ人たちがたくさんいるけれど、鳥たちも並ぶのが好きみたい。
思い思いの場所にいるように見えて、きれいに並んでるね。
縦に斜めに…
特に鴨3羽の並び方はとってもきれい!

IMG_2705

IMG_2707

名古屋市の山崎川。
ここは街中なのに野鳥がたくさんいて、バードウオッチングをする人たちがよく写真を撮っている。
こんな楽しい風景なのに今日は誰もいないから、独り占めだ(笑)!

サギがこんなにたくさんいるの、初めて見た。
鴨の、みんなで泳いだり遊ぶ姿にいつも癒されているよ。

         *

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おじゃまでなければ、拍手の下の「ライブドアアプリで更新通知を受け取る」からアプリをインストールしてフォローしてくださいね!

コメントもお待ちしています。

BDDFD7E1-1839-43FD-A1CC-9ABDC14593A6


tsukko0613 at 17:30|PermalinkComments(0)

2024年01月09日

『春よ、来い』

ユーミンのコンサートを教えてくれた友人と「素晴らしかったね」とラインをしていたとき、彼女が「『瞳を閉じて』でSちゃんのことを思い出して泣いてしまった」と送ってきた。Sちゃんは2年前に亡くなった私たちの共通の友人。彼女とSちゃんは高校からの付き合いでより深い関係だ。


ちょっとブレイク
ふたりでなにを見ているの?

IMG_2584

私も『春よ、来い』を聴きながら、ある友人を思い出していた。
Fちゃんは新卒入社した会社の同期、短大卒だから2歳年下だった。
Fちゃんは入社後、腎臓を悪くしてしばらく入院していた。

その後のFちゃんの記憶は、生まれたばかりの息子を見に我が家へ来てくれたこと。
腎臓は落ち着いていたと思う。でも右手が思うように動かないから赤ちゃんを抱くのは怖いなぁと言っていた。

その1ヶ月後に来た年賀状には「手が動かないので左手で書いています」とあり、子どものような、でもとても丁寧に書かれた文字が並んでいた。

その後Fちゃんが再入院したことを知る。
命を司る脳幹に腫瘍ができていた。

そのときの朝ドラの主題歌が『春よ、来い』で、Fちゃんが病室で毎朝それを楽しみに聴いているとお母さんが教えてくれた。


こちらもなにを見ているの?

IMG_2583

29年経っていろいろ忘れてしまったけれど、今も残るFちゃんの記憶は、この『春よ、来い』
『春よ、来い』を聴くたびに思い出すFちゃん。

初めの頃は聴くことができなかったけれど、いつしか聴けるようになった。
今は、悲しいとか寂しいとか懐かしいとかそういう気持ちではなく、1番正確な表現は"思い出す"だ。
スライド映写機で映し出された映像のように、その場その場を断片的に思い出す。

時の流れは優しいね。"思い出す"とき心はとても穏やかだ。


ぬくもりは生きている証し

IMG_2582

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おじゃまでなければ、拍手の下の「ライブドアアプリで更新通知を受け取る」からアプリをインストールしてフォローしてくださいね!

コメントもお待ちしています。

CEF6A705-B221-4867-9879-6662E06FBD21


tsukko0613 at 08:30|PermalinkComments(4)

2023年12月29日

ユーミンは最強!

昨日は日本ガイシホール(名古屋)でユーミンのコンサートだった。
『The Journey』全54公演のファイナル。


IMG_2515

何もかもがすごかった!
会場中を照らし続ける照明と繊細な映像
(観客もフラッシュライトという無線制御された腕時計のようなものを付けて照明に参加)
シルクドソレイユのようなパフォーマンス
空を泳ぐ2頭のイルカ
大きなドラゴン
3階席でも熱さを感じるくらいの炎炎炎
挙げればきりがない、最上級のショー。

「さまよいの果て波は寄せる」でグッときて「星空の誘惑」「埠頭を渡る風」〜「航海日誌」と好きな歌が続いて胸がいっぱい、熱いものが込み上げてくる。
こちらも挙げればきりがない。


WOWOWで放送するそうです

IMG_2519

友人から「まだ抽選に間に合うよ」と教えてもらって申し込んだコンサート。今のユーミンの生歌はどうかなぁと思っていたけれど間違っていたよ、私。
音が低くなろうと、発声が以前と違おうと、高音が出にくくなろうと、そんなことちっとも気にならない。
やっぱりユーミンは最強だった。
ユーミンと同じ時代を生きていることが幸せだなぁと心から思う。

ファイナルなので特別に3度アンコールがあって、最後の最後にご主人の正隆さんのキーボードで「卒業写真」を歌ってくれた。
♪ あなたは私の青春そのもの ♪
このフレーズ、それはそのままユーミンのことだよ。

素敵な1年の締めくくり。卓越したそれぞれのパフォーマンスと演出、改めてユーミンのすごさを知ったコンサートでした。


飼い主さん、あいみょんのときに車で行って懲りたから今回は自転車で行ったんだってさ
ハグハグ

IMG_2508

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おじゃまでなければ、拍手の下の「ライブドアアプリで更新通知を受け取る」からアプリをインストールしてフォローしてくださいね!
直接アプリ検索だとヒットしない場合があります。

コメントもお待ちしています。

456804BD-F950-49B7-A1F3-2A87BC4502A2


tsukko0613 at 08:30|PermalinkComments(2)